全てが繋がる飛躍の法則

タイトルにある通り「5人の平均値が自分の実力」と言われています

5人の条件とは自分にとって関わりの深い人っていうことです

社会人や学生の状況によって変わってきますが、友達や同僚がほとんどだと思います

その思い浮かぶ5人の平均値が自分の実力です


2通りの考え方があって

・自分自身のこと

・チーム運営のこと

この2軸で考えることができます


一般的な方は自分自身のことだけでは良いと思いますが、

経営層・店長等の責任がある立場の方はチーム運営の視点でも

フィルターとしてあった方が良いですね

チーム運営のことで言えば「スタンス」が特に重要ですが、社内文化の形成がこれらに当てはまります


よく説明の場ではチーム作りは、稲作と一緒だと伝えています

稲作で言えば、

土を耕し、種を植え、水やり草抜きをし、収穫といったサイクル

これをチーム作りに置き換えると、

土=>ルールや仕組み

種=>人

水やり・草抜き=>注意や誉める(教育)

収穫=>文字通り生産性UP

このサイクルでやるのが非常に重要で種=人に求めすぎても限界がありますし、そもそも土を作り直す必要があるかも知れません


例えば、新しいスタッフが入った時に

・遅刻が頻発している店舗

・清掃が疎かになっている店舗

こういうのがスルーされている状況だったら自ずと癖がつきやすくなるのと一緒で


平均値を上げる仕組みを作ってから人に求めると生産性が上がりやすくなります

人の行動を評価するときに単なるオペレーションだけを評価すると行き詰まってしまいます

「この人は仕事はできるけど、チームとしてはうまく機能していない」
「ある程度までは任せられるけど、深いところは難しいんだよなぁ」

よくある例として、こんな壁にぶち当たってしまいます
行動の評価とは、もっと因数分解をして判断をすることが非常に重要となります

①スタンス
②スキル
③マネジメント

チームとしての信頼関係を構築する際にはこの指標があると非常に便利です
さらに優先順位としては、
①>②>③ですね

ちなみにですが、生産性(売上up・支出down)に関しては逆の順になります
③>②>①

その為に会社独自で作成している評価制度は、重要なところが届きづらい制度になってしまいます
それでも回らなくはないのですが、チーム形成に関しては短距離走ではなく長距離なので生産性も加味しつつ、チームの透明度を上げると行ったことが大切です

もっというと覚える順番も①>②>③の順番ですね

スタンスは癖がついちゃうと変えるのはなかなか難しいですよ

具体的なことと言えば、
・挨拶ができる
・掃除ができる
・時間を守る

こう言った当たり前の基準なのですが、ここの部分を後回ししちゃうとその後のチーム形成に関して正直ものがバカを見る状況のリスクが生まれやすくなります

個人として働く場合なら問題ないのですが
(それでもクリエイティブな部分では突っかかりますが)

チームとしての場合だと淡々と評価して判断するのが一手目としては必要です

私自身、飲食店経営者として10年以上やっておりますが、
就寝時間は21:00です笑

起きるのは4:00ですが

毎回この話をするたびに驚かれたり、
もしくは「この人、人生に楽しみあるの?」的なイメージで見られたり笑

外に視察がてら出かける時や臨店の時は、
もちろん夜中までありますが基本的に朝方人間で

それが性分に合っているんですよね

日課としては朝日報を見てから1日が始まるといった感じです
何か気になることがあれば返信をしてといった感じ

昔は週に2回ほどやっていたのですが、それらもどんどん減らして今はこの形です

最近はその返信業務も任せられるようになってきたのでどんどんシステムに注力が出来ています
基本的に店舗のミーティングも月に1回のみだし

それも基本はオンラインでやっており、臨店にする機会も減ってきています


よく
「社内での人間関係が希薄にならないですか?」
「それでどうやって店を回しているんですか?」
「問題って起きないんですか?」

と言ったことを聞かれるのですが、絶好調ですよ笑

去年から私自身が東京に来ており、
離れている体制がメインではありますが
過去最高売上・利益を更新していますし

もちろんスタッフには感謝しております

稲作の考えを仕組みづくりに取り入れています
まずは土作り、次に種を植え、水やり草抜きをし、収穫

このサイクルです

①ルールや仕組みと言った良い土壌があるか
②人という種
③良いよと誉めたり、ダメなところは正しく注意して
④収穫をしましょうよ

教育のサイクルの落とし込むとこういうことです

あくまで種(人)にばかり求めすぎず、まずは土壌作りが重要ってことです

つまりルールや仕組みが重要ってことです

その点にかけては長けている自信があります

なんせ朝から何年も取り掛かっていますから笑

かと言って丸投げにしすぎても良くなく、あくまで

・承認を事前にしている
・スタッフには「共有」をし、「納得」してもらい「行動」してもらう
・指示は口頭ではなく、文字やイメージを共有
・議事録をつけ、必ず振り返りから行う

といった具体定なエッセンス(飲食っぽくいうと秘伝のタレ)があるのですが笑

それぞれボリュームが多いテーマなのでまた書き記します

全然違う話ですが、
GW中業者さんとニュートンのホームページリニューアルの打ち合わせを
毎日朝・夕みっちりやってアップデートしましたがこれは良い!

改めて自社のサービスをマジマジと見たのですが、これ凄いですね笑

それも近々アップされます(本当は本日予定)


業務の効率化

前回書いたのですが、業務の効率化の狙いってまずは失点を防ぐことだと思います

スポーツで例えるなら
「5対4で今までは勝っているのを5対3にしたいよね」
そんな感じだと思います

得失点差が1だったのを2にしたいよねってこと

会社経営でいうところの利益が得失点差に当てはまります

スコアが1点あたり100万だとしたら
100万の利益を200万にしたいよねってこと

(変な賭博の話ではありませんよ、あくまでイメージ笑)

効率化の狙いとしてはそんな感じだと思うのですが、
重要なのは入り口よりも出口であります

うまく施策が当たった時に、利益が増えた時に、
どうするかってことを考えておく必要があります

あくまで効率化というのは手段であって目的ではありません

例えば
・従業員に還元してさらに頑張ってもらう
・経営者が堂々と頂く(これももちろんあり)
・とにかく会社を筋肉質体制にしておきたい
・(コロナで)会社の傷んだ財務を立て直す
・お客様に還元し、さらに得点を増やす
(これは単なる6対3ではなく、少しややこしい)

他にもありますが、ざくっと上記のようなものに還元が多いと思います

これらが目的としてその後に、どう正のスパイライルが出来上がるか

とても重要な経営判断として必要になります

失点を増やすことはなんとなく重要だと感じている場合も多いと思いますが、
セオリーとして

「バケツで水を汲む前に、バケツの穴を埋める」

このことを理解しておくと納得度が増すと思います

目的としては得失点さを増やしたい(もちろんプラスで)

そのためには得点を増やすのではなく、失点を減らすこと

物事には人やお金といったリソースが限られています

どこに集中すべきかの決断の時に間違ってしまうと手痛い失敗をしたくありません

策がない状況の中選択を迫られている状況の場合
「とにかく得点を増やしたい」と焦る気持ちもあるのですが、
一旦バケツの穴を埋めることに集中して良いでしょう

かといってやりすぎも良くないのでほどほど感が重要ではありますが

経費削減だけしておけば良いというのではなく順番が大事ってことですね

効率化に関してのまず第一歩は可視化だと思っています
とにかくアウトプットをすること

これに尽きます

でないと、集まりが変な方向に行きがちになりやすいので
+議事録をつける
+議事録を必ず振り返る

こういった当たり前の建付が必要になってきます
急がば回れってことですね

また追々、アウトプットの具体例等を示していければと思います

お知らせ

当社へのお問い合わせは
こちらからお願いいたします